商品詳細情報

  • 検索
  • カートを確認する
  • HOME
  • >
  • Jazz

  • >
  • Charles Lloyd(チャールズ・ロイド) / Trios: Chapel

Charles Lloyd(チャールズ・ロイド)
Trios: Chapel
  • New
  • Sold Out
  • ¥3,770(税込)
  • Blue Note / 4526650
  • [180g重量盤LP]
  • Issue:GER
Trios: Chapel

チャールス・ロイド、3つのトリオによる3枚のアルバムからなる新プロジェクト「トリオ・オブ・トリオズ」の第一弾!



言わずと知れたジャズ・レジェンド、チャールス・ロイド。84歳になった今もなお多くのアーティストに影響を与え続け、近年も数多くの作品を輩出しているなロイドが発表した3つのトリオによる3枚のアルバムからなる新プロジェクト「トリオ・オブ・トリオズ」の第一弾。「トリオ・オブ・トリオズ」では、パーソネル、編成共に異なる3つのトリオを通して、ロイドが探求し続けている即興演奏の深淵に迫る内容となっている。

1枚目の「Trios: Chapel』ではギタリストのビル・フリゼールとベーシストのトーマス・モーガン、2枚目の「Trios: Ocean」ではギタリストのアンソニー・ウィルソンとピアニストのジェラルド・クレイトン、3枚目の「Trios: Sacred Thread」ではギタリストのジュリアン・レイジとパーカッショニストのザキール・フセインとの演奏が繰り広げられている。

『Trios: Chapel』は、2018年12月にサン・アントニオのコーツ・チャペルで行われたパフォーマンスをライヴ収録したもの。この会場の礼拝堂の音響特性上ドラムやパーカッションの編成はふさわしくないと考えたロイドがビル・フリゼールとトーマス・モーガンを招待して行われたコンサートだ。その後この3人での演奏は暫く叶わなかったが、2021年12月にベルリンで再びこのトリオが集結。「2018年に私たちがトリオとして行った最初の演奏は、いつも私の記憶の中に魔法のように残っている」とロイド自身が語っている通り、彼にとってもこのトリオでの演奏が特別な体験となり、今回のリリースに至った。

先行配信の「Blood Count」は、アルバムの冒頭を飾るビリー・ストレイホーン作曲によるトラック。ロイドの母親はメンフィスで下宿屋を営んでおり、ロイドの子供時代の記憶には、そこに滞在したツアー中のビッグバンド、特にジミー・ランスフォード楽団やデューク・エリントン・オーケストラのミュージシャンの印象が残っていて、特に若い頃のジョニー・ホッジスとの出会いは鮮烈だったとのこと。
(インフォより)

●ロイドとフリーゼルの絶妙なバランスで繰り広げられる音像は、ドラムレス・トリオならではの、まさに魔法のような時間体験です。おすすめ!


Side-A
1.Blood Count
2.Song My Lady Sings
3.Ay Amor
Side-B
1.Beyond Darkness
2.Dorotea's Studio

PAGE TOP

NEW RELEASE

Message From G. 掘淵哀襯澄РしいG.の訪れ) Sunrise, Sunset Organ's Melody Born To Run(明日なき暴走) Greatest Hits

RECOMMEND

Morning Glory ソング・オブ・ザ・バーズ The All Seeing Eye It's All One(イッツ・オール・ワン / グルダのアリア) Natural Mystic

レコード・CDを探すなら岩手・盛岡のレコード・CDショップ/DISKNOTE MORIOKA -ディスクノート盛岡-

DISKNOTE MORIOKA -ディスクノート盛岡-は岩手・盛岡市にある輸入盤、中古盤を扱うレコード・CD専門店です。 ジャズ、ロックからヒップホップ、レゲエ、ハウス、テクノまで、アナログ・レコードをはじめ、CD、ミックスCD、DVDなど幅広い品揃えで海外インディーズ・ロック・シーンはもちろん、日本のインディーズ・シーンの注目新人にも敏感!! 「盛岡ではここだけっ!」といったアイテムも多数在庫。お買い得、掘り出し物の中古盤等も毎週追加。初心者にもやさしい専門のスタッフが親切・丁寧に対応。新譜・中古問わずレコード・CDの買取もOK!。音楽レコード・CDのことなら何でも”DISKNOTE MORIOKA -ディスクノート盛岡-”までお気軽にお問い合わせ下さい。